爆発力のある馬券予想:競馬

2022年のG1レース戦績は11戦6勝で約600万円獲得!展開面やレース中の不利で恵着順と人気を落とした穴馬を狙います。ランク分けのの競馬予想を提供。

2016年05月

オークス

東京11レース

オークス

オークス平均ラップ
12.6-10.9-12.0-12.4-12.3-12.2-12.7-12.4-12.3-11.8-11.6-11.9=2.25.1
35.5-36.9-37.4-35.3
前半と終盤が速く、中盤が緩むラップになるのがデフォルト。
最速の上りを出した馬は、
3-1-1-0
と成績が良い。
最速の上りを出せば届くレースであるということは、
瞬発性能が問われるレースであり、先行馬にとって厳しい条件であると言える。

桜花賞
12.4-10.7-11.7-12.3-12.0-11.4-11.3-11.6

ラスト3ハロンで急加速するラップとなっており、
瞬発力が要求されるレースであった。
ここで上位に入線した馬は、オークスでも素直に信頼出来る。

フローラS
12.8-11.6-11.6-11.7-12.0-12.0-11.9-11.4-12.4-12.3

中盤に緩みがなく、ラスト2ハロン地点から急落する完全な消耗戦であった。
ラスト3ハロン地点で一度加速ラップを踏んでいるため、
先行馬にとっては極めて厳しい展開だった。
フロンティアクイーンは、先行しながら一度は突き放そうとしており、
地味に強い競馬をしていた。
しかも、途中で他馬と接触をしたことで引っかかっていたことを
考えれば、底力は上位のものがあると考えられる。

チェッキーノは、厳しい流れの中完璧に折り合い、
楽に抜け出したレース内容から性能が一枚上のものがある。


忘れな草賞
12.8-12.1-13.7-13.3-12.9-12.6-12.2-11.1-10.9-11.7
中盤が緩く、ラスト3ハロン地点で急加速するラップ構成であった。
実質ラスト3ハロンの競馬であった。
ラストで急加速出来る位に先行馬有利の流れであったため、
ロッテンマイヤーは成績ほど評価出来ない。
むしろ中盤から差を詰めたペプチドサブルに食指が動く。

結論
シンハライトとチェッキーノは、ラップ的には能力に疑いはなく、
オークスでも普通に好走するだろう。

ヴィクトリアマイルの結果

東京11レース

ヴィクトリアマイルの結果

ヴィクトリアマイル平均ラップ
12.2-10.8-11.3-11.5-11.6-11.4-11.4-11.9=1.32.1
34.3-23.1-34.7

東京芝1600mは、スタート後250m地点まで下りが続くために
前半の入りが速くなりやすい。
そこで2mの坂を上がり、そこから緩やかに坂を下りながら
直線を迎える。
ラスト2ハロン地点で2mの坂を駆け上がる構造になっている。

坂を2回登るため、途中で息を入れたいところで息を抜くことが出来ない。
ゆえに、中距離を走れるスタミナが要求されるといわれている。
先行馬にとっては極めて厳しい条件となっている。

ヴィクトリアマイルが実施される時期は時計が速くなりやすい傾向にあり、
Bコースを使用されることで速さに拍車がかかっている。

上り最速を出した馬の成績は、
0-1-1-3
となっており、差し届かないケースが続いている。

本来は先行馬が厳しい条件であるが、
ラップの起伏が少ない一貫ラップを踏む結果となっている。
ラスト1ハロンも11.9で乗り切れるくらいに時計が出る馬場であり、
先行馬に有利な条件となっている。

ここ数年は大きく荒れる結果となっているが、
それは、中距離適性をベースにした底力重視の予想スタンスが
結果と乖離するためであると考えられる。

中距離で12秒~12.5秒の追走ラップに慣れている馬が戸惑う蓋然性が高く、
脚が十分に溜まらないままに凡走する危険性が生じる。
よって、安田記念とは異なり、高速ラップに慣れた短距離馬が穴をあけるケースが目立っている。

大阪杯
12.8-11.5-12.5-12.1-12.2-12.5-12.1-11.3-10.9-11.4
36.8-24.3-24.6-33.6
ラスト3ハロン地点で急加速するラップになっている、
実質的に上り3ハロンの競馬で、
逃げ馬と2番手がそのまま1、2着に入線するくらいに先行馬が有利な流れであった。
緩いペースを見越して早めにポジションを上げたショウナンパンドラであったが、
急加速地点と重なる地点の仕掛けであったため、
数字以上に長く速い上りを出していた。
強い競馬であったことは事実だが、ヴィクトリアマイルで想定されるラップ構成とは
異なるものである。

阪神牝馬S
12.8-10.8-11.6-11.9-11.8-11.1-11.3-11.8
35.2-23.7-34.2
完全な後傾ラップで、ラスト3ハロン地点で急加速をしている。
逃げたスマートレイアーはきっちりと脚を使い切った計算で、
理想的なレースであった。
ミッキークイーンは、急加速地点で一瞬置かれながらも
最速の上りで馬群を割って差し込んできた内容は優秀であり、
底力が上位のものだと判断出来る。

ダービー卿チャレンジT
12.5-11.3-11.5-11.6-11.4-11.1-11.5-11.9
35.3-23.0-34.5
前半の入りこそ遅いものの、キャンベルジュニアが中盤を緩めない逃げを打ったため、
息が入らない厳しいレースとなった。
こういった流れを得意とするロゴタイプが2着に入線する中で、
最速の上りで差して勝ち上がったマジックタイムは強い競馬をしていた。
インがぽっかりと開いた幸運があったにせよ、末脚の信頼性は高く評価できる。

京都牝馬S
12.4-11.3-11.5-11.7-11.5-12.1-12.4
35.2-36.0
重馬場でもラップに緩みがなく、後半の上りがかかるタフなレースであった。
事実、逃げた馬が9着、2番手と3番手につけた馬が14着、17着と壊滅していた。
クイーンズリングは、好位追走から早めに3番手まで押し上げるレースをしながら、
マジックタイムの追撃を抑えてそのまま押し切る極めて強い競馬をしていた。

中山牝馬S
12.8-12.7-12.9-13.1-12.2-11.5-11.8-11.6-11.7
38.4-36.8-35.1
前半の入りが著しく緩く、中盤も緩い完全な後傾ラップであった。
レースレベルが著しく低く、ヴィクトリアマイルを考えた場合、
ほとんどの馬は追走に苦労すると考えられる。
落鉄があったにせよ、ルージュバックが負けたのは評価できない。

高松宮記念
11.7-10.1-10.9-10.8-11.1-12.1
10秒台がずらりと並ぶ高速ラップで、ラスト1ハロンで1秒も急落するくらいに
厳しくタフな流れであった。
ヴィクトリアマイルで穴をあけるパターンは高速馬場での先行流れ込みであるため、
高松宮記念出走馬は要注意であるが、レッツゴードンキを代表に、
ほとんど高速ペースについていけず、評価できる馬は存在しない。

秋華賞
12.0-10.5-11.3-11.6-12.0-12.3-11.9-11.8-11.6-11.9
33.8-23.6-24.2-35.3
前半が速く、中盤でも緩みがない前傾ラップとなっている。
ミッキークイーンは、中段のポジションから3番目に速い上りで差し切った。
2着には14番手から最速の上りで追い込んだクイーンズリングがタイム差なしで
入線した。
14番手、9番手、15番手、16番手が上位入線するくらいに後方待機で
脚を溜めた馬が嵌ったレースで、中段につけながら差し込んできたミッキークイーンは、
末脚の信頼性はかなり高いものであると判断出来る。

オールカマー
12.5-10.9-12.4-12.4-12.6-12.6-11.9-11.7-11.4-11.7-11.8
ショウナンパンドラが出世するきっかけとなった伝説の高レベルレース。
中盤が緩んでいるものの、ラスト5ハロンにわたって11秒台が並ぶ後傾持続戦であった。
タフな流れで差し切ったショウナンパンドラの末脚の信頼性は高いと判断出来る。

結論
ヴィクトリアマイルが実施されるBコースの高速馬場や、
最速上がり馬が差し損ねるレース傾向から穴を警戒していたが、
高速ラップに慣れた短距離からの転戦馬に評価出来る馬が存在しない。
特に1200m戦の高松宮記念出走馬を注意したが、
高速ペースについていけない馬ばかりだった。
今年は、例年の傾向と異なり、底力に優れる馬がきっちりと上位入線する
レースになると判断した。

本命は、ショウナンパンドラ
他馬とは地力が違いすぎる。
スピード戦が懸念されるが、2014年秋華賞のラップを取り上げる。
12.0-10.7-11.8-11.8-11.7-12.2-11.5-11.7-11.8-11.8=1.57.0
34.5-23.5-23.7-35.3
9番手追走から早めに5番手に押し上げるレースをして
2番目に速い上りで差し切っている。
勝ち時計も極めて速く、スピード競馬に対して懸念する必要は一切ないと断言出来る。

3連単483.1倍的中!

121

ヴィクトリアマイル

東京11レース

ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイル平均ラップ
12.2-10.8-11.3-11.5-11.6-11.4-11.4-11.9=1.32.1
34.3-23.1-34.7

東京芝1600mは、スタート後250m地点まで下りが続くために
前半の入りが速くなりやすい。
そこで2mの坂を上がり、そこから緩やかに坂を下りながら
直線を迎える。
ラスト2ハロン地点で2mの坂を駆け上がる構造になっている。

坂を2回登るため、途中で息を入れたいところで息を抜くことが出来ない。
ゆえに、中距離を走れるスタミナが要求されるといわれている。
先行馬にとっては極めて厳しい条件となっている。

ヴィクトリアマイルが実施される時期は時計が速くなりやすい傾向にあり、
Bコースを使用されることで速さに拍車がかかっている。

上り最速を出した馬の成績は、
0-1-1-3
となっており、差し届かないケースが続いている。

本来は先行馬が厳しい条件であるが、
ラップの起伏が少ない一貫ラップを踏む結果となっている。
ラスト1ハロンも11.9で乗り切れるくらいに時計が出る馬場であり、
先行馬に有利な条件となっている。

ここ数年は大きく荒れる結果となっているが、
それは、中距離適性をベースにした底力重視の予想スタンスが
結果と乖離するためであると考えられる。

中距離で12秒~12.5秒の追走ラップに慣れている馬が戸惑う蓋然性が高く、
脚が十分に溜まらないままに凡走する危険性が生じる。
よって、安田記念とは異なり、高速ラップに慣れた短距離馬が穴をあけるケースが目立っている。

大阪杯
12.8-11.5-12.5-12.1-12.2-12.5-12.1-11.3-10.9-11.4
36.8-24.3-24.6-33.6
ラスト3ハロン地点で急加速するラップになっている、
実質的に上り3ハロンの競馬で、
逃げ馬と2番手がそのまま1、2着に入線するくらいに先行馬が有利な流れであった。
緩いペースを見越して早めにポジションを上げたショウナンパンドラであったが、
急加速地点と重なる地点の仕掛けであったため、
数字以上に長く速い上りを出していた。
強い競馬であったことは事実だが、ヴィクトリアマイルで想定されるラップ構成とは
異なるものである。

阪神牝馬S
12.8-10.8-11.6-11.9-11.8-11.1-11.3-11.8
35.2-23.7-34.2
完全な後傾ラップで、ラスト3ハロン地点で急加速をしている。
逃げたスマートレイアーはきっちりと脚を使い切った計算で、
理想的なレースであった。
ミッキークイーンは、急加速地点で一瞬置かれながらも
最速の上りで馬群を割って差し込んできた内容は優秀であり、
底力が上位のものだと判断出来る。

ダービー卿チャレンジT
12.5-11.3-11.5-11.6-11.4-11.1-11.5-11.9
35.3-23.0-34.5
前半の入りこそ遅いものの、キャンベルジュニアが中盤を緩めない逃げを打ったため、
息が入らない厳しいレースとなった。
こういった流れを得意とするロゴタイプが2着に入線する中で、
最速の上りで差して勝ち上がったマジックタイムは強い競馬をしていた。
インがぽっかりと開いた幸運があったにせよ、末脚の信頼性は高く評価できる。

京都牝馬S
12.4-11.3-11.5-11.7-11.5-12.1-12.4
35.2-36.0
重馬場でもラップに緩みがなく、後半の上りがかかるタフなレースであった。
事実、逃げた馬が9着、2番手と3番手につけた馬が14着、17着と壊滅していた。
クイーンズリングは、好位追走から早めに3番手まで押し上げるレースをしながら、
マジックタイムの追撃を抑えてそのまま押し切る極めて強い競馬をしていた。

中山牝馬S
12.8-12.7-12.9-13.1-12.2-11.5-11.8-11.6-11.7
38.4-36.8-35.1
前半の入りが著しく緩く、中盤も緩い完全な後傾ラップであった。
レースレベルが著しく低く、ヴィクトリアマイルを考えた場合、
ほとんどの馬は追走に苦労すると考えられる。
落鉄があったにせよ、ルージュバックが負けたのは評価できない。

高松宮記念
11.7-10.1-10.9-10.8-11.1-12.1
10秒台がずらりと並ぶ高速ラップで、ラスト1ハロンで1秒も急落するくらいに
厳しくタフな流れであった。
ヴィクトリアマイルで穴をあけるパターンは高速馬場での先行流れ込みであるため、
高松宮記念出走馬は要注意であるが、レッツゴードンキを代表に、
ほとんど高速ペースについていけず、評価できる馬は存在しない。

秋華賞
12.0-10.5-11.3-11.6-12.0-12.3-11.9-11.8-11.6-11.9
33.8-23.6-24.2-35.3
前半が速く、中盤でも緩みがない前傾ラップとなっている。
ミッキークイーンは、中段のポジションから3番目に速い上りで差し切った。
2着には14番手から最速の上りで追い込んだクイーンズリングがタイム差なしで
入線した。
14番手、9番手、15番手、16番手が上位入線するくらいに後方待機で
脚を溜めた馬が嵌ったレースで、中段につけながら差し込んできたミッキークイーンは、
末脚の信頼性はかなり高いものであると判断出来る。

オールカマー
12.5-10.9-12.4-12.4-12.6-12.6-11.9-11.7-11.4-11.7-11.8
ショウナンパンドラが出世するきっかけとなった伝説の高レベルレース。
中盤が緩んでいるものの、ラスト5ハロンにわたって11秒台が並ぶ後傾持続戦であった。
タフな流れで差し切ったショウナンパンドラの末脚の信頼性は高いと判断出来る。

結論
ヴィクトリアマイルが実施されるBコースの高速馬場や、
最速上がり馬が差し損ねるレース傾向から穴を警戒していたが、
高速ラップに慣れた短距離からの転戦馬に評価出来る馬が存在しない。
特に1200m戦の高松宮記念出走馬を注意したが、
高速ペースについていけない馬ばかりだった。
今年は、例年の傾向と異なり、底力に優れる馬がきっちりと上位入線する
レースになると判断した。

本命は、ショウナンパンドラ
他馬とは地力が違いすぎる。
スピード戦が懸念されるが、2014年秋華賞のラップを取り上げる。
12.0-10.7-11.8-11.8-11.7-12.2-11.5-11.7-11.8-11.8=1.57.0
34.5-23.5-23.7-35.3
9番手追走から早めに5番手に押し上げるレースをして
2番目に速い上りで差し切っている。
勝ち時計も極めて速く、スピード競馬に対して懸念する必要は一切ないと断言出来る。

NHKマイルカップの結果

東京11レース

NHKマイルカップ

本命はトウショウドラフタ。
前走はここには結びつかないレース内容だったが、その前の2走が1400とはいえ後ろで溜めて内を突いての楽勝。
内優位のスピード馬場と化した土曜の競馬を見ればこの馬にマッチするだろうし、
同舞台で敗れたサウジアラビアロイヤルCは番手からの競馬でのもの。
ここ数戦同様終いの脚を活かす競馬なら馬場も相まって距離もこなせる。
当週はポリトラックコースで馬なり調整も一週前にWコースでしっかり負荷を掛けており、動きをそのものに不安はない。
後は鞍上の手綱捌きに期待する。

対抗はメジャーエンブレム。
自分の競馬をすれば今の馬場なら崩れは考えづらいが、今回の最終追いの動きを見ると今までの軽快かつダイナミックな動きとは違い
ややこじんまりとした印象を受けた。直前入厩でこの動きを見るとあくまで対抗評価としたい。

◎トウショウドラフタは5着となり不的中となりました。

NHKマイルカップ

東京11レース

NHKマイルカップ

本命はトウショウドラフタ。
前走はここには結びつかないレース内容だったが、その前の2走が1400とはいえ後ろで溜めて内を突いての楽勝。
内優位のスピード馬場と化した土曜の競馬を見ればこの馬にマッチするだろうし、
同舞台で敗れたサウジアラビアロイヤルCは番手からの競馬でのもの。
ここ数戦同様終いの脚を活かす競馬なら馬場も相まって距離もこなせる。
当週はポリトラックコースで馬なり調整も一週前にWコースでしっかり負荷を掛けており、動きをそのものに不安はない。
後は鞍上の手綱捌きに期待する。

対抗はメジャーエンブレム。
自分の競馬をすれば今の馬場なら崩れは考えづらいが、今回の最終追いの動きを見ると今までの軽快かつダイナミックな動きとは違い
ややこじんまりとした印象を受けた。直前入厩でこの動きを見るとあくまで対抗評価としたい。
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索
競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬情報競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想競馬予想穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬馬穴馬穴馬穴馬穴馬穴馬