競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング


有料情報 お申込み方法PCサイトの場合はブログ右側カレンダー下の)メッセージからもお申込み可能です。
(お名前、メールアドレス、ご希望コース、支払方法をお知らせ下さい)

(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)



今週から秋のG1レースが開幕となります。

今週のスプリンターズステークス(過去5年で3回的中)は、10万円勝負のSランクレースとなります。
今週の日曜日は10万円勝負のスプリンターズステークス、推奨レース提供となります。


↓19年のスプリンターズSはSランク指定で◎ダノンスマッシュ、〇モズスーパーフレアからの3連単指示で60倍的中

18年のスプリンターズSは平日段階ではナックビーナスを本命予定のAランク指定レースでしたが、当日の馬状態からの判断でSランクレースへと格上げとなり52万6000円獲得となりました。

18年のスプリンターズS(Aランクレース→Sランクレースに格上げ)

平日段階の見解
スプリンターズステークスの過去10年ラップデータ(新潟代替開催時は除く)分析
全体のペースは流れやすい傾向にあり、過去10年でかなりのハイペースが5度で、ややハイが3度、平均ペースは2度となっています。
ただ、直近の3年は少し落ち着いてきており、馬場次第となりますが平均で後半の決め手を要求されるケースも増えてきています。
また、仕掛けの傾向はかなりはっきりとしており、過去10年でL3最速戦が9度でL2最速が1度。
この場合のL3最速の場合は基本的に終始減速しているので後半の入りとなるL3が最速になるという感じで、単調な流れになりやすいレースと言えます。
再加速になるケースは稀で、基本は前半型なら追走スピード、後半型ならトップスピードの持続、後ろからになる馬はトップスピードの質も問われます。
脚質は真ん中付近にいる馬が安定していますが、逃げ馬の馬券に絡む率が非常に高く、過去10年で逃げ馬が5度も馬券に絡んでいます。

ナックビーナス
中山の6ハロン戦は6戦2勝、2着4回の連対率100%とパーフェクトな相性を示してい最高の舞台となります。
しかし、これまでキャリア27戦で[7.8.5.7]という戦績で、勝ち切れない競馬がナックビーナスの特徴と言え、「1頭になるとソラを使う」という癖があるため、馬群から抜け出すと甘くなってしまいます。
近3戦の敗戦は、春の高松宮記念(G1)を含め、いずれも勝ち馬とは0.1秒差以内の接戦で、勝ち切れる能力がありながらも自分からブレーキをかけて勝ち切れていません。
前走のキーンランドCは「さすがモレイラ」という内容での勝利で、これまでのナックビーナスはジョッキーも『本気で走っていない』と課題を指摘する馬でしたが、前走はそんな評価を一変させる内容で、好スタートからすんなりハナに立って、さらに自らスパートをかける積極策での勝利となりました。
ナックビーナスを管理する杉浦調教師は「モレイラが乗ったウチの馬はレース後に本当にバテていますから、レースで力を出し切るように乗っているのがわかります」との事。
「ナックビーナスは走り切っているレースが少ない馬だけに、100%の力を出した時にどこまでやれるかは本当に楽しみ。」とのこと。
出し切っている馬にモレイラ騎手が騎乗してもそこまで大きくパフォーマンスが上がることはありませんが、「レースで走り切っていない馬」にモレイラ騎手が乗ると全力で競馬をするため、一気にパフォーマンスが上がります。
そのため、レース後の疲労は激しくなりますが前走は激しい競り合いを制したわけではなく、馬なりで直線を迎えて2馬身半差をつける大楽勝で消耗もありません。
得意の中山で初めて能力全開で走れる今回は圧勝の可能性もある1頭と言えます。

レース当日情報内容
8ファインニードル(Sランク情報馬)
2014年に行われた大幅な馬場改修の影響で、2015年以降からレースの傾向も一変しており、スプリンターズSはインコース有利の高速馬場で行われることが多く、スピードに勝る先行型の押し切りが目立っていましたが、15年以降の勝ち馬はすべて3コーナー8番手以降(15年ストレイトガール7-8-9、16年レッドファルクス6-9-7、17年レッドファルクス-11-10)で、上がり33秒台前半をマークして差した馬ばかりとなっています。
また、1200mだけではなく、1400m~1600mの重賞連対実績かG1で3着以内の実績がある馬が3着内に好走するようになったのも馬場改修後の特徴と言え、今年は馬場改修以降では初めてとなる雨の影響を大きく受けた馬場での開催となる点が大きなポイントとなります。
今年のスプリンターズSがAランク指定からSランクへ格上げとなったのそのためで、雨の影響で馬場が水分を多く含めば、後方の馬がスピードに乗って脚を伸ばすのが難しくなるため、今年に限っては雨の影響でこれまでの最終週の良馬場とは傾向が逆転する可能性が高く、1200m以下の距離を中心に使われて先行したレースで結果を出してきた馬が優位となりそうです。

◎8ファインニードルは、休み明けの前走で重馬場のセントウルSを先団外からほぼノーステッキで力の差を見せつけるように0.2秒差の完勝。
この馬は春の高松宮記念の勝ち馬で、先行できるスピードを持ちながら、前半より後半のほうが速いラップバランスでも重賞を勝ち負けしているというタイプで、上がりラップに重要性の比重が増した中山の馬場にも適性があり、1600万下をこのコースで勝っています。
今年はワンスインナムーン、ラブカンプー、セイウンコウセイ、ナックビーナスと逃げ先行型が揃っているため、前半34秒ー後半34秒台後半で、1分8秒台後半~9秒台の決着となりそうです。
前哨戦のセントウルSとスプリンターズSを連勝した馬は、スプリンターズSが今の時期に移った2000年以降1頭も出ていませんが、今年は両レースが道悪馬場で気象条件がかなり似ており、リンクする可能性が高く、Sランク指定レースの本命馬とします。

結果は◎8ファインニードルが見事に差し切り、想定通りに1200m戦で先行して好走していた3ラブカンプーが2着となり馬単52.6倍的中となりました。

g37j







↓17年のスプリンターズSはAランクレース指定で◎レッドファルクスから318.5倍的中で31万8500円獲得!

2017年のスプリンターズS情報内容
◎8レッドファルクス
高宮記念は香港からの検疫と休養明けという状況でしたが、噛み合ってなかった可能性が考えられ、ペースが11.1のかなりのハイペースとなった点です。
この馬自身もそこそこポジションを取って自身で34.4-34.6と平均も前掲ラップとなっており、馬場が重くて高速馬場でトップスピードに乗ってからの持続力で結果を出してきたこの馬としてはそこが削がれた感じがあります。
レースは7番枠から五分のスタートを切り、そこから積極的に押っつけながらいい位置を狙って好位の内。
直線では坂の上りのところでジリジリとなり、レッツゴードンキに内からすくわれる形で2着を確保できずの3着となりました。
ここではロスなく立ち回り、結果的に内の各馬が上位をほとんど占めているのでその点は噛み合っていると思いますが、L2の地点で既に脚色自体物足りないように思えました。
ドンキに内から差されたとなると前半に原因があったはずで、この馬場であのペースで積極的に好位を確保という競馬となるとこの馬には合わなかった可能性があり、その分がいつもの末脚を引き出すところまでいかなかったように思えます。
そこから立て直して京王杯SCではトップスピード戦で完勝し、距離が長い安田記念でも高速馬場での平均ペースでしっかりとトップスピードに乗って持続してきてのクビ・クビ差の3着。
安田記念では3~4角で馬場の悪いところを走っており、直線でも前が開かずに我慢させられるロスがあっただけに、スムーズならコンマ1秒差の決着を逆転できていた内容でした。
昨年スプリンターズSは接戦とはいえこの馬は外枠でそこまで隊列も広がらず大外とロスの多い競馬でsたが、2~4着は内をタイトに立ち回った馬となっており、1頭だけ次元の違う競馬をしていました。
今回は昨年よりもロス無く出し切るチャンスが多いため、この馬が本命となります。

土曜の中山芝の1200m戦は内枠2頭のワンツー決着で、今開催の当コース戦8レース中7レースが3枠内の馬が複数頭馬券に絡んでいます。
また、今開催の当コースでの激走馬6頭も全て内枠馬から輩出されており、その内の5頭は内枠先行馬で残る1頭は最内枠最内追い込み馬となっています。
雨の影響での外差し馬場局面にならない限り、今年の中山芝1200m戦は1着馬は全て逃げ馬か先行馬になっています。
馬場改修後の近2年の当レースでの激走馬3頭も全て内枠馬となっており、相手には人気に関係なく馬場バイアスの恩恵を受けられる内枠+先行馬を選びます。

結果は◎レッドファルクスが1着となり、会員様情報で3連単318.5倍的中となりました。




土曜日の結果

中山2レース 
16パルフュメ
操縦性が高くてスタートも速い馬で、初戦は2番手からいつでも動ける態勢で勝ちパターンの競馬となりましたが、相手が一枚上で2着となりました。「稽古の段階から乗りやすい馬だと感じていました。スピード、センス、全てにおいて優等生です。」と戸崎騎手が話していました。
2戦目の前走は余裕残しの調整で臨んでハナを切り、ゆったりしたペースで逃げるも終始勝ち馬に絡まれる厳しい展開で直線では長く競り合いが続いてゴール前で僅かに交わされてクビ差の2着となりました。
叩き2戦目の今回は大きな上積みが見込めるだけに勝ち負け必至の1頭と言えます。

2クールムーア
芝の1200m戦にも対応できている馬で、前走は「スタートが出なかったので、促したら気が入っていたので掛かってしまいました。直線に向いて先頭に立ったらソラを使っていましたし、今日はケンカしてしまいました。」との事で、前走は勝ち馬と同等のレースをして3着となりました。
2走前は一気の距離短縮でも流れに対応して直線入り口でスムーズに外に出し、一旦先頭のシーンを作って中身の濃い競馬ができていただけに、使い込まれてテンションが上がってきた前回から一息入れて立て直された今回は更に高いパフォーマンスが期待できます。

上記情報馬のワンツー決着となり、馬連4.1倍的中となりました。



有料情報 お申込み方法PCサイトの場合はブログ右側カレンダー下の)メッセージからもお申込み可能です。
(お名前、メールアドレス、ご希望コース、支払方法をお知らせ下さい)

(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)


先週の会員様情報結果

日曜日の結果
中山11レース
オールカマー

3ウインキートス
昨年のオールカマー2着馬。
昨年はウインマリリンを行かせながらその後ろでコントロールしつつ3列目の内で我慢する競馬となっており、道中もウインマリリンの後ろを徹底的にマークしていました。
3~4角でも好位の内で脚を温存し、4角で外からグローリーが上がってきたタイミングでペースが上がりまいたが、その中で手が動いて中目に誘導し、3列目で直線に入って渋太く食らいついてL1で甘くなったレイパパレ、グローリーヴェイズを捕えて2着となりました。
ここではポテンシャル面が問われる競馬になっても強い競馬ができたのは大きな収穫と言え、ウインマリリンはスローでコントロールできればかなり強い馬だけに、GIIを勝てるだけの力は証明できている1頭と言えます。


2ジュラルディーナ

チャレンジカップではトップスピードの質が求められたL2の地点での伸びが地味で、ギアチェンジやトップスピードが質的に求められると伸びあぐねるのは2走前の鳴尾記念でも露呈していました。

この馬の場合、本質的にはあまり速いラップを要所で求められない方が良いタイプと言え。早めの仕掛けで出し切る競馬で瞬間的に速いラップを求められないロングスプリントの競馬がベストと言えます。

一番避けたいのは前にスローペースで支配され、要所でギアチェンジが問われた時に包まれるチャレンジカップのパターンとなります、

展開的にはスローからのロングスプリント戦が理想で、内・前有利のCコース替わりの今回は絶好枠の内枠を引く事が出来ただけに、中団内から前が早めの仕掛けを展開してくれればL1で突っ込んでくるイメージが湧く1頭と言えます。


会員様には上記2頭のワイド指示で31.8倍的中となり、31万8000円の払い戻しとなりました。

競馬11






土曜日の結果

中山6レース(Aランクレース)
8ヒットザシーン
パワータイプの道悪巧者で、近走は洋芝で4,2,4,2着と安定して走れており、前走は3〜4角で逃げ馬が苦しくなって押し出されるように先頭に立ち、早めに動く競馬で渋太く伸びて押し切りを図りましたが勝ち馬の決め手が上回ってクビ差の2着となりました。
走前は中団の内から進めるも、3〜4角で前から下がってきた馬のせいで身動きが取れなくなって外に出すロスがあった中での4着で、スムーズならもっと際どかった内容でした。
このクラスなら力上位の存在と言え、雨で時計がかかる馬場となりそうな今回は適性的に強気になれる1頭と言えます。

3エスコバル
近走は1年のブランク明けの競馬で3,2着と好走できていますが、過去に一度だけ走った道悪馬場では緩んだ馬場を気にして反応できず2番人気10着に大敗しているだけに、今回も良馬場なら狙えますが道悪になるほど割引が必要です。

7カネヨウウンカ
道悪も問題ないタイプの馬で、蓮見明けの前走は重賞に挑戦してコンマ2秒差の5着に好走して著しい成長を見せました。
「成長を促す意味で放牧に出しましたが、使い込んだ疲れが取れたのと成長した事で良い競馬をしてくれました。10戦以上のキャリアはいい経験になっていますし、メンバーが軽くなるここは好勝負になると思います。」との事。
前走は16キロ増の良い体つきで完全復調を印象付けましたが、発馬で寄られる不利を受けて後方からの競馬となり、4角まではロスを抑えて追走し、直線は下がってくる馬の後ろでスペースが無くなる不利を受けながらもラスト100mで外に出して猛追して5着に食い込みました。
重賞で度重なる不利を受けながらもコンマ2秒差は高く評価できるだけに、ここも上位濃厚の1頭と言えます。

危険な人気馬3エスコバルは3番人気で7着となり、8ヒットザシーンと7カネヨウウンカからの3連単指示で710.8倍的中で63万9720円の払い戻しとなりました。

競馬1人






有料情報 お申込み方法PCサイトの場合はブログ右側カレンダー下の)メッセージからもお申込み可能です。
(お名前、メールアドレス、ご希望コース、支払方法をお知らせ下さい)

(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)


本年2022年のG1レース戦績は11戦6勝で約600万円獲得となりました。
ヴィクトリアマイルがコンマ0秒差で430万円、500万円を取り逃していただけに、春のG1レース成績は0秒差で1000万円超の結果となっていました。


安田記念は32万円獲得
ヴィクトリアマイルは0秒差で430万、540万円取り逃し

NHKマイルCは150万馬券的中で300万円獲得

天皇賞・春は 39万円獲得

皐月賞は70万円獲得

高松宮記念は135万円獲得

フェブラリーS30万円獲得



有料情報 お申込み方法PCサイトの場合はブログ右側カレンダー下の)メッセージからもお申込み可能です。
(お名前、メールアドレス、ご希望コース、支払方法をお知らせ下さい)

(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)


2021年の下半期のG1レース結果

スプリンターズS 不的中

秋華賞 馬連2点指示で22.5倍的中となり115万円の払い戻し

菊花賞 不的中

天皇賞・秋 不的中

エリザベス女王杯 不的中

マイルチャンピオンシップ  情報馬2頭の完全1点指示で37万円の払い戻し

ジャパンカップ 馬単6.7倍的中

チャンピオンズカップ 不的中

阪神JF 不的中

朝日杯FS 10.6倍的中で53万の払い戻し

有料情報 お申込み方法
(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)

2021年の春のG1レースは11戦8勝(448万円獲得)

6/6 安田記念
1104.2倍的中で110万4200円の払い戻し。

5/30 ダービー
危険な人気馬16サトノレイナス(2番人気5着)を切り捨てて馬連10.1倍的中。40万4000円の払い戻し。

5/23 オークス
馬連3点指示で18.8倍的中となり、37万6000円の払い戻し。

5/9 NHKマイル
211.8倍的中で10万5900円の払い戻し。

4/18 皐月賞
823.2倍的中で131万7120円の払い戻し。

4/10 桜花賞
馬連3点指示で40万2000円の払い戻し。

4/4 大阪杯
1062.1倍的中で53万1050円の払い戻し。

3/28 高松宮記念
97.7倍的中で24万4250円の払い戻し。

有料情報 お申込み方法
(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)

2020年の春のG1レースは12戦8勝(250万円超獲得)
https://keiba1nin.livedoor.blog/archives/cat_403680.html


2020年の秋G1レース結果(11戦9勝250万円獲得)
https://keiba1nin.livedoor.blog/archives/cat_403681.html



2019年のG1レース結果
24戦11勝 総獲得金額418万7300円
https://keiba1nin.livedoor.blog/archives/cat_392716.html

2018年G11レース結果
24戦10勝 的中率42%
https://keiba1nin.livedoor.blog/archives/cat_382391.html

2017年の秋のG1レース結果
https://keiba1nin.livedoor.blog/archives/cat_348533.html
11戦8勝


有料情報 お申込み方法
(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)

毎週全レースのリプレイを見直し、次走注目馬を炙り出しています。
レースリプレイを見直すことで、競馬新聞には載っていない特別な次走注目馬をピックアップします。
特別な次走注目馬出走レースは、大きく勝負できるレースとなります。