競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング


有料情報 お申込み方法PCサイトの場合はブログ右側カレンダー下の)メッセージからもお申込み可能です。
(お名前、メールアドレス、ご希望コース、支払方法をお知らせ下さい)

(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)



日曜日

中山11レース

スプリンターズステークス

11トゥラヴェスーラ
昨年の高松宮記念では重馬場でややハイペースの流れの中、中団からしっかりと末脚を使ってクビ・クビ・3/4差の4着となりました。
ここではタフな馬場だった中でしっかりと最後までなだれ込む脚を使えており、ややハイペースでしたが時計が掛かっていたので序盤のスピードをそこまで質的に求められなかった側面はありますが、これでモズスーパーフレアは捕え切ってレシステンシアには食らいつく事ができていました。
レシステンシアには完敗という内容でしたが、前半は無理なく入れていた点は好感が持て、前を取るレースでは甘くなることも多く見られましたが、後半型にシフトして明確にパフォーマンスを高めてきました。
近走後半型の競馬ではかなりの切れ味を見せているだけに、ペースに対して後半型の競馬に持ち込んだ方がチャンスは広がる1頭と言えます。

15シュネルマイスター
昨年の安田記念は13番枠から出負けして後方からの競馬となり、序盤で脚を使いつつリカバーして中団から好位の外ぐらいまで上がってくる恰好となりました。
3~4角でも好位の外からロスを作りつつ正攻法で進めて4列目辺りで直線に入り、L2で一気にダノンキングリーに並ばれてからも渋太く粘り、L1でダノンキングリーに徐々に前に出られて内からグランアレグリアにも差されて最後はインディチャンプとの3着争いを制す形となりました。
この時点ではグランアレグリアとダノンキングリーに見劣りましたが、ダノンキングリーの持ち味と言える後半のロングスプリントを最大限に引き出せるペースと展開の中で3着となり、この展開でこの2頭に勝つのは至難の業ですが、毎日王冠では強烈な末脚を炸裂させる形で強烈に突き抜けて大きな成長を示しました。
L1の地点では3馬身差あっただけに、これを捕えているなら11.4ぐらいで上がってきている計算となり、直線半ばぐらいまで伸びという点で目立たなかっただけに、10秒台を踏んでいる可能性があります。
ポタジェやダイワキャグニーが自分の競馬をやり切った中で2馬身突き放したパフォーマンスは評価でき、ここまでのロングスプリント性能を叩き出してきたのは大きな収穫と言えます。
サンレイポケットと比較してもラストまで伸びで優位性を取れていただけに天皇賞秋に出ていたとしても面白い存在だったと言え、今のマイル路線なら間違いなく中心となる1頭と言えます。
今回のポイントは1200m戦への対応となりますが、この馬の場合はグランアレグリアと違って直線での伸び始めの問題があるため、グランアレグリア程のパフォーマンスは期待できません。


この他の有力馬情報は、会員様専用掲示板で公開させていただきます。




土曜日の結果

中山2レース 
16パルフュメ
操縦性が高くてスタートも速い馬で、初戦は2番手からいつでも動ける態勢で勝ちパターンの競馬となりましたが、相手が一枚上で2着となりました。「稽古の段階から乗りやすい馬だと感じていました。スピード、センス、全てにおいて優等生です。」と戸崎騎手が話していました。
2戦目の前走は余裕残しの調整で臨んでハナを切り、ゆったりしたペースで逃げるも終始勝ち馬に絡まれる厳しい展開で直線では長く競り合いが続いてゴール前で僅かに交わされてクビ差の2着となりました。
叩き2戦目の今回は大きな上積みが見込めるだけに勝ち負け必至の1頭と言えます。

2クールムーア
芝の1200m戦にも対応できている馬で、前走は「スタートが出なかったので、促したら気が入っていたので掛かってしまいました。直線に向いて先頭に立ったらソラを使っていましたし、今日はケンカしてしまいました。」との事で、前走は勝ち馬と同等のレースをして3着となりました。
2走前は一気の距離短縮でも流れに対応して直線入り口でスムーズに外に出し、一旦先頭のシーンを作って中身の濃い競馬ができていただけに、使い込まれてテンションが上がってきた前回から一息入れて立て直された今回は更に高いパフォーマンスが期待できます。

上記情報馬のワンツー決着となり、馬連4.1倍的中となりました。



有料情報 お申込み方法PCサイトの場合はブログ右側カレンダー下の)メッセージからもお申込み可能です。
(お名前、メールアドレス、ご希望コース、支払方法をお知らせ下さい)

(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)


本年2022年のG1レース戦績は11戦6勝で約600万円獲得となりました。
ヴィクトリアマイルがコンマ0秒差で430万円、500万円を取り逃していただけに、春のG1レース成績は0秒差で1000万円超の結果となっていました。


安田記念は32万円獲得
ヴィクトリアマイルは0秒差で430万、540万円取り逃し

NHKマイルCは150万馬券的中で300万円獲得

天皇賞・春は 39万円獲得

皐月賞は70万円獲得

高松宮記念は135万円獲得

フェブラリーS30万円獲得



有料情報 お申込み方法PCサイトの場合はブログ右側カレンダー下の)メッセージからもお申込み可能です。
(お名前、メールアドレス、ご希望コース、支払方法をお知らせ下さい)

(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)


2021年の下半期のG1レース結果

スプリンターズS 不的中

秋華賞 馬連2点指示で22.5倍的中となり115万円の払い戻し

菊花賞 不的中

天皇賞・秋 不的中

エリザベス女王杯 不的中

マイルチャンピオンシップ  情報馬2頭の完全1点指示で37万円の払い戻し

ジャパンカップ 馬単6.7倍的中

チャンピオンズカップ 不的中

阪神JF 不的中

朝日杯FS 10.6倍的中で53万の払い戻し

有料情報 お申込み方法
(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)

2021年の春のG1レースは11戦8勝(448万円獲得)

6/6 安田記念
1104.2倍的中で110万4200円の払い戻し。

5/30 ダービー
危険な人気馬16サトノレイナス(2番人気5着)を切り捨てて馬連10.1倍的中。40万4000円の払い戻し。

5/23 オークス
馬連3点指示で18.8倍的中となり、37万6000円の払い戻し。

5/9 NHKマイル
211.8倍的中で10万5900円の払い戻し。

4/18 皐月賞
823.2倍的中で131万7120円の払い戻し。

4/10 桜花賞
馬連3点指示で40万2000円の払い戻し。

4/4 大阪杯
1062.1倍的中で53万1050円の払い戻し。

3/28 高松宮記念
97.7倍的中で24万4250円の払い戻し。

有料情報 お申込み方法
(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)

2020年の春のG1レースは12戦8勝(250万円超獲得)
https://keiba1nin.livedoor.blog/archives/cat_403680.html


2020年の秋G1レース結果(11戦9勝250万円獲得)
https://keiba1nin.livedoor.blog/archives/cat_403681.html



2019年のG1レース結果
24戦11勝 総獲得金額418万7300円
https://keiba1nin.livedoor.blog/archives/cat_392716.html

2018年G11レース結果
24戦10勝 的中率42%
https://keiba1nin.livedoor.blog/archives/cat_382391.html

2017年の秋のG1レース結果
https://keiba1nin.livedoor.blog/archives/cat_348533.html
11戦8勝


有料情報 お申込み方法
(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)

毎週全レースのリプレイを見直し、次走注目馬を炙り出しています。
レースリプレイを見直すことで、競馬新聞には載っていない特別な次走注目馬をピックアップします。
特別な次走注目馬出走レースは、大きく勝負できるレースとなります。