競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング

有料情報 お申込み方法PCサイトの場合はブログ右側カレンダー下の)メッセージからもお申込み可能です。
(お名前、メールアドレス、支払方法をお知らせ下さい)

(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)


2024年のG1レースは現在9戦6勝で約220万円獲得


会員様情報結果

日曜日
東京11レース
オークス

7ステレンボッシュ
馬場に依存しやすいタイプの可能性があり、阪神JFでは成長力も考えないと行けませんが劇的にパフォーマンスを上げてきました。
阪神JFは馬場が軽い中で流れて良さが引き出されており、高速馬場では外せない1頭と言えます。
ここでは勝負どころでアスコリピチェーノの後ろから進路を取り切れなかったのが最後に響きましたが、桜花賞では上手くアスコリピチェーノの内から弾いて前に出る事に成功しており、後半の素材面では良いものを示しています。
L1で3列目からクビ差まで詰める事ができており、アスコリピチェーノ比較で見てもラストの坂の上りでバテ差して差を詰めてきたというのは確かなため、マイルで流れて良さが出たという側面もありますが、後半の素材面はその中では一番だったと言えます。
その点では、マイル路線組の中でも2400mへの延長に高いレベルで対応してきそうなイメージがあります。

12チェルヴィニア
桜花賞は長期休養明け+大外枠+直前にルメール騎手が負傷した事でムルザバエフに乗り替わりとなり、レースでは直線で不利を受けてしまい13着に凡走となりました。
未勝利勝戦やアルテミスステークスのパフォーマンスからもこの世代の牝馬ではナンバーワンの可能性が高く、能力通りに走る事ができればここでも勝ち負けになります。
先週のヴィクトリアマイルではウインブライルではなくフィアスプライドを選択して見事に2着に好走させており、今回はステレンボッシュにも乗ることができたルメール騎手がこちらを選んだ点からも、馬の能力への期待が大きいように思えます。
東京芝2400mはルメール騎手が最も得意にしている条件と言え、2400mG1戦線(ダービー、オークス、ジャパンカップで)では過去30戦して勝ち星が無い戸崎騎手のステレンボッシュ打倒の最有力候補と言えます。

8ホーリーエリート
オークスは人気馬の好走が目立つ半面、過去5年連続で二桁人気の穴馬が好走しており、今年の穴馬で狙いたいのがホーリーエリートとなります。
桜花賞がピークになりがちな牝馬クラシックは、阪神JFやチューリップ賞など、牝馬限定でのマイル戦が王道なローテーションとなります。
強い馬が集まる王同のマイル戦を制した馬が世代で力が抜けているため、距離適性を超えた能力差でオークスでも好走します。
そのため、桜花賞上位馬はオークスでも好走傾向にあります。
最初からオークスを目標にしている馬はマイル路線のレースは使わずに異質なローテーションとなり、1800m以上のレースに使われ、牡馬相手のレースが主流となります。
昨年は1800mの札幌2歳Sで牡馬相手に完勝していたドゥーラが15番人気3着となり、一昨年は1800mのフラワーカップを制し、牡馬相手の重賞に挑戦していたスタニングローズが10番人気で2着に好走しています。
ホーリーエリートは1800m以上の距離に使われ続けており、2走前のフリージア賞は直線で終始前が壁で最後は手綱を抑えながらの状態で7着となり、前走は3角手前まではミアネーロと同じ位置にいましたが、3~4角を回る際にラチ沿いを回ったミアネーロに対して一番外を回ったホーリーエリートは4角を回り切った時点で4馬身程の差ができてしまい、そこから中山の短い直線で3/4差まで詰めてきており、あと1ハロンあれば差し切れていた内容となっていました。
能力的にはアドマイヤべルやミアネーロよりも断然上と言えるだけに、ここは穴で期待が大きい1頭と言えます。

14ライトバック
前走の桜花賞は出負けして無理せず後方に下げて進めて行く形となり、道中も後方2列目の外で進めつつ我慢しながら3角に入り、3~4角でもほぼ最後方列で中目を通しながら出口で大外に持ってくると、直線序盤で後方外から渋太く伸びて最後はクビ差及ばずの3着となりました。
この形で突っ込んできたのは意外なパフォーマンスと言え、超高速馬場で後半特化でかなり質的に高めてきた一戦と言えるだけに、今回も軽視禁物の1頭と言えます。

5コガネノソラ
前走のスイートピーSで3着以下を3馬身以上離しているというのは大きなインパクトと言えます。
ペース自体は速かったとは言え、この馬の位置では後傾バランスとなっており、47-45ぐらいのバランスとなっておりました。
この形で後半ロングスプリント的に素材を引き出してきたのは大きな材料で、L1の地点で1馬身はあっただけに11.5前後でまとめている計算となり、ある程度全体で流れた中でこれを引き出せたのは評価できます。
パフォーマンス比較では少なくともアドマイヤベルとは互角以上と言えるレベルのパフォーマンスを示している1頭と言えます。

2クイーンズウォーク
桜花賞はペースが速い中で直線で伸び負けしており、他のクイーンC勢も高いレベルで苦戦傾向となっているだけに、基本的にマイルでは桜花賞組を上位に評価します。
ただ、クイーンズウォークの場合は距離延長でパフォーマンスを高める可能性を示しており、クイーンCでは後傾で後半勝負に持ち込んでしっかりと素材面で勝ち切れただけに、距離延長で相対的に上昇してきそうな1頭と言えます。
ただ、この中間は脚の状態が回復していない可能性が高く、軽めの追い切り内容からも体調面で不安があります。


会員様には7ステレンボッシュからの馬連4点指示で17万7000円獲得となりました。

競馬67









土曜日の結果

新潟3レース
14ダイチジェム
デビュー当時は行き足がつかずに短距離戦で後ろからの競馬となっていましたが、不良馬場だった2戦目では脚を余し気味に4着に健闘しました。
5走前の福島ダート1150mでも位置を取れない中でも4着検討しており、ベスト条件はダート1200m前後と言えます。
最近は長めの距離を使ってテンから出していって先行する競馬にシフトされており、徐々に行きっぷりも良くなっている点は好感が持てます。
2走前はダート1400mで逃げる競馬で残り200m地点まで先頭に立てており、前走は中山ダート1200mの道悪馬場で外枠から先行するも前半3F=33.1の超ハイペース戦で外々を回る競馬で厳しくなってしまいました。
今回は出たなりで自分のリズムで競馬をさせるとのことで、立て直されて佐々木騎手騎乗の大幅な鞍上強化となります。
今開催の新潟競馬場での佐々木騎手は圧巻のパフォーマンスを見せており、ここは穴で魅力のある1頭と言えます。

9モリノセピア
前走は素晴らしいスタートを切って後続を3、4馬身離して逃げる形となり、4角で引きつけて型通りの競馬はできましたが、結果的には上位2頭の決め手が一枚上で3着までとなりました。
「スタートが良くていいリズムで運べたのですが、終いが甘くなってしまいました。今日は時計が速かったです。」との事で、不向きな展開でも崩れずに走れており、距離を短くしてからは2,3,2,3着と崩れていないだけに、ここも上位評価の1頭となります。

5ミスエル
前走は行く馬が多かったために一歩引いて好位からの競馬となり、外を回って脚を伸ばしましたが、リードを広げていた前3頭との差はあまり縮まらずに4着となりました。
「今日は勝った馬が強かったですし、外を回り過ぎてしまいました。もう少しロスなく立ち回れれば良かったです。」との事で、ロスの無い競馬が出来れば更に前進可能の1頭と言えます。

上記情報馬のワンツースリー決着となり、3連複12.3倍的中となりました。




日曜日情報の登録受け付け中です。
有料情報 お申込み方法PCサイトの場合はブログ右側カレンダー下の)メッセージからもお申込み可能です。
(お名前、メールアドレス、支払方法をお知らせ下さい)

(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)



2023年G1レース高額払い戻しベスト3


オークス
◎5リバティアイラド1着固定の3連単指示となり、3着に穴馬ドゥーラが入って341.4倍的中で105万8340円の払い戻しとなりました。

ヴィクトリアマイル
穴馬を交えた馬連指示となり、19.6倍的中で68万6000円の払い戻しとなりました。

天皇賞・春
◎ジャスティンパレス1着固定の3連単指示で650.6倍的中となり、65万600円の払い戻しとなりました。



2022年の秋のG1レース戦績は11戦5勝で約700万円獲得となりました。


本年2022年のG1レース戦績は11戦6勝で約600万円獲得となりました。



有料情報 お申込み方法PCサイトの場合はブログ右側カレンダー下の)メッセージからもお申込み可能です。
(お名前、メールアドレス、支払方法をお知らせ下さい)

(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)



2021年の秋のG1レース結果(12戦5勝 約230万円獲得)

2021年の春のG1レースは11戦8勝(448万円獲得)




有料情報 お申込み方法
(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)

2020年の春のG1レースは12戦8勝(250万円超獲得)
https://keiba1nin.livedoor.blog/archives/cat_403680.html


2020年の秋G1レース結果(11戦9勝250万円獲得)
https://keiba1nin.livedoor.blog/archives/cat_403681.html



2019年のG1レース結果
24戦11勝 総獲得金額418万7300円
https://keiba1nin.livedoor.blog/archives/cat_392716.html

2018年G11レース結果
24戦10勝 的中率42%
https://keiba1nin.livedoor.blog/archives/cat_382391.html

2017年の秋のG1レース結果
https://keiba1nin.livedoor.blog/archives/cat_348533.html
11戦8勝


有料情報 お申込み方法
(ちょコムeマネー支払いは1000円引き、paypayアプリ支払いは1500円引きとなります)


毎週全レースのリプレイを見直し、次走注目馬を炙り出しています。
レースリプレイを見直すことで、競馬新聞には載っていない特別な次走注目馬をピックアップします。
特別な次走注目馬出走レースは、大きく勝負できるレースとなります。