東京11レース

オークスの結果

オークス平均ラップ
12.6-10.9-12.0-12.4-12.3-12.2-12.7-12.4-12.3-11.8-11.6-11.9=2.25.1
35.5-36.9-37.4-35.3
前半と終盤が速く、中盤が緩むラップになるのがデフォルト。
最速の上りを出した馬は、
3-1-1-0
と成績が良い。
最速の上りを出せば届くレースであるということは、
瞬発性能が問われるレースであり、先行馬にとって厳しい条件であると言える。

桜花賞
12.4-10.7-11.7-12.3-12.0-11.4-11.3-11.6

ラスト3ハロンで急加速するラップとなっており、
瞬発力が要求されるレースであった。
ここで上位に入線した馬は、オークスでも素直に信頼出来る。

フローラS
12.8-11.6-11.6-11.7-12.0-12.0-11.9-11.4-12.4-12.3

中盤に緩みがなく、ラスト2ハロン地点から急落する完全な消耗戦であった。
ラスト3ハロン地点で一度加速ラップを踏んでいるため、
先行馬にとっては極めて厳しい展開だった。
フロンティアクイーンは、先行しながら一度は突き放そうとしており、
地味に強い競馬をしていた。
しかも、途中で他馬と接触をしたことで引っかかっていたことを
考えれば、底力は上位のものがあると考えられる。

チェッキーノは、厳しい流れの中完璧に折り合い、
楽に抜け出したレース内容から性能が一枚上のものがある。


忘れな草賞
12.8-12.1-13.7-13.3-12.9-12.6-12.2-11.1-10.9-11.7
中盤が緩く、ラスト3ハロン地点で急加速するラップ構成であった。
実質ラスト3ハロンの競馬であった。
ラストで急加速出来る位に先行馬有利の流れであったため、
ロッテンマイヤーは成績ほど評価出来ない。
むしろ中盤から差を詰めたペプチドサブルに食指が動く。

結論
シンハライトとチェッキーノは、ラップ的には能力に疑いはなく、
オークスでも普通に好走するだろう。

馬連4.2倍1点的中!

3